歯が痛い・しみる

虫歯は早期発見・早期治療が大切です

「歯が痛い」
「しみる感じがある……」

という場合、虫歯のおそれがあります。虫歯はごく初期のものをのぞき、自然治癒が期待できない病気です。早期発見・早期治療が大切ですので、お気軽にご相談ください。

虫歯の原因

虫歯の治療法についてご紹介する前に、まずは虫歯になってしまう原因をご説明します。この要因が重なることで、虫歯リスクが高まっていきます。

虫歯菌 糖分
虫歯の直接的な原因。虫歯菌の出す酸によって歯が溶けます。 糖分は虫歯菌の栄養源。虫歯菌は糖分を栄養にして歯を溶かす酸を作り出します。

歯質

ブラッシングまでの時間
歯質の強さは人により異なり、歯質が弱いと虫歯になりやすい傾向にあります。 食事からブラッシングまでの時間が長いほど、虫歯になりやすい環境が長く続くということになります。

虫歯の進行段階と治療法

虫歯の治療法についてご紹介する前に、まずは虫歯になってしまう原因をご説明します。この要因が重なることで、虫歯リスクが高まっていきます。

  症状 治療法
C0 脱灰
C0
脱灰
初期の虫歯で、白濁が見られます。痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布などで治癒することがあります。この段階なら歯を削る必要はありません。
C1 エナメル質の虫歯
C1
エナメル質の虫歯
歯の一番外側にあるエナメル質の虫歯です。痛みはあまりありません。 虫歯部分を削り、白いレジンという詰め物で治療します。
C2 象牙質の虫歯
C2
象牙質の虫歯
エナメル質の内側にある象牙質にまで虫歯が達した状態です。甘いものや冷たいものを口にすると痛みます。 症状によっては局所麻酔を行い、詰め物などで治療を行います。
C3 神経の虫歯
C3
神経の虫歯
虫歯が神経にまで達した状態です。常に激しい痛みが伴います。 虫歯部分を削り、根管治療を行ってクラウン(被せ物)で保護します。
C4 末期の虫歯
C4
末期の虫歯
虫歯が歯根にまで達した状態です。神経が死んでいるので痛みはありませんが、膿が溜まると再び激痛を伴うようになります。 ここまでくると抜歯を選択するケースが大半です。抜歯後の選択肢としては入れ歯やインプラントがあります。
C0 脱灰
C0
脱灰
症状 治療法
初期の虫歯で、白濁が見られます。痛みなどの自覚症状はありません。適切なブラッシングやフッ素塗布などで治癒することがあります。この段階なら歯を削る必要はありません。
C1 エナメル質の虫歯
C1
エナメル質の虫歯
症状 治療法
歯の一番外側にあるエナメル質の虫歯です。痛みはあまりありません。 虫歯部分を削り、白いレジンという詰め物で治療します。
C2 象牙質の虫歯
C2
象牙質の虫歯
症状 治療法
エナメル質の内側にある象牙質にまで虫歯が達した状態です。甘いものや冷たいものを口にすると痛みます。 症状によっては局所麻酔を行い、詰め物などで治療を行います。
C3 神経の虫歯
C2
神経の虫歯
症状 治療法
虫歯が神経にまで達した状態です。常に激しい痛みが伴います。 虫歯部分を削り、根管治療を行ってクラウン(被せ物)で保護します。
C4 末期の虫歯
C2
末期の虫歯
症状 治療法
虫歯が歯根にまで達した状態です。神経が死んでいるので痛みはありませんが、膿が溜まると再び激痛を伴うようになります。 ここまでくると抜歯を選択するケースが大半です。抜歯後の選択肢としては入れ歯やインプラントがあります。

歯を抜かないための根管治療

重度の虫歯をそのまま放置すると、いつか抜歯せざるを得なくなってしまいます。しかし、抜歯後にどんなに優れた人工歯を入れたとしても、自分の歯に勝るものはありません。そこで、抜歯を避けるために行うのが根管治療です。根管治療とは、神経にまでおよんだ虫歯に行う治療。汚染された神経や血管などを除去することで虫歯の進行を食い止めます。難度の高い治療ですが丁寧に処置を行っていますので、どうぞご安心ください。

肉眼で見えない虫歯には……

肉眼で見えない虫歯には……高精度の治療を行うため、当院ではダイアグノデントを使用しています。これはレーザーで虫歯の診断をする機械です。虫歯から発せられる光を読み取り、その虫歯の状態を数値で把握。肉眼で確認できない虫歯も見つけ出すことができ、見逃しのない治療が実現します。

先々を見据えた治療を

虫歯治療というのは、基本的には後戻りができません。一度削ってしまった歯や、抜いてしまった神経・歯は二度と元には戻せないのです。ですので、まずはしっかりと診断をして、そして治療を進めています。削らなくていい歯を削ったり、抜かなくていい神経・歯を抜くようなことは絶対にありません。どうぞご安心ください。