ストレスと健康の関わりについて

ストレスと健康の関わりについて

多くの方が歯痛の原因は虫歯だと考えますが、実はストレスでも歯痛を引き起こすことがあります。

なぜストレスが歯痛の原因に?

なぜストレスが歯痛の原因に?

過度なストレスは免疫力を低下させ、心身に悪影響を及ぼす様々な病気の誘因の1つです。むし歯ではない歯痛の原因は、ストレスによる免疫力の低下によって引き起こされます。

免疫力によって抑えられていた部分の痛みを感じるようになってしまうのです。そのため、過去治療をした歯の痛みが表面化することがあります。これは、免疫力の低下によって痛みを伝える神経が混乱し、痛みを発生していると考えられています。

他にも、過度なストレスによって分泌されるカテコールアミンが、歯と歯茎の神経を圧迫・刺激して歯痛を生じさせることがあります。

ストレスによって引き起こされる様々な症状

ストレスによって引き起こされる様々な症状

ストレスは、歯痛以外にも様々なトラブルを招きます。
また、ストレスによる歯のトラブルは病気のサインの場合もありますので、どのような症状があるのか知っておきましょう。

歯茎の腫れ

歯茎の腫れは歯周病の代表的な症状です。
健康な歯茎はストレスで腫れることはあまりないですが、歯周病の原因である歯石やプラークがついていると、免疫力の低下によって腫れが目立ちます。

歯が浮く

歯が浮くような感じは、歯を支える歯根膜に何らかのトラブルが生じている可能性が高いです。
原因は多岐にわたり、ストレスによる血行不良や歯ぎしり、歯周病の慢性炎症などが考えられます。

口臭

ストレスは唾液の分泌量を減少させます。唾液は口臭を抑制する働きがあり、分泌量が減ることで口臭が強くなります。

上記でご紹介したもの以外にも、歯のぐらつきや歯茎のおできが膨らむなど様々な症状が現れることがあります。

一時的な痛みでも歯医者に診察を受けましょう

ストレスによる歯のトラブルは、ストレスが軽減されれば落ち着くことが大半です。
しかし、それらは歯のトラブルを知らせるサインの1つであり、今回は症状が軽かったとしても次はさらに悪化する可能性が考えられます。たとえストレスによる歯痛かも知れないと思っても、予防治療の一環として歯科検診を受けることをおすすめします。

秦野にある当院では、皆様の大切な歯を守るために予防治療に力を入れています。
定期検診はもちろん、ブラッシング指導やフッ素塗布、噛み合わせチェック、歯のクリーニングなどを行っています。秦野市で予防治療をお探しなら、ぜひ当院にお越しください。