お子さんを歯医者嫌いにさせないコツ

お子さんを歯医者嫌いにさせないコツ

小児歯科に行くことを怖がったり、抵抗したりするお子さんが多いようです。
歯医者を嫌いになると、成人してから歯のトラブルがあっても歯医者に行かず、放置してしまう可能性があります。大切なお子さんの歯を守るためにも、歯医者嫌いにさせないコツを知っておきましょう。

予防のために歯医者を利用する

予防のために歯医者を利用する

小児歯科はお子さんにとって未知の場所です。
知らない人がいて、無理やり口を開けられるのですから、歯医者の目的が分からないお子さんが不安に感じて当然です。

また、むし歯治療をする際は、不安なまま麻酔注射で痛い思いをしたり機械で歯を削られたりするのですから、嫌いになるなというのが難しい話ではないでしょうか。

大切なのは、むし歯を予防することです。
むし歯予防のために、定期的に小児歯科へ通えば歯医者にも慣れますし、むし歯の早期発見ができれば軽い治療で済みます。

ネガティブな言葉を使わない

ネガティブな言葉を使わない

お子さんを歯医者嫌いにさせないために、親御さんに気をつけていただきたいことがあります。
それは、普段から歯医者をネガティブな意味で使わないことです。
お子さんが上手に歯磨きをできなかったとき、「むし歯になって痛い思いをするよ」「歯医者さんで歯を削られちゃうよ」など、ネガティブな発言をしてしまった経験はありませんか?

これらの言葉は「歯医者=痛いことをされる場所」とインプットされ、歯医者に対して悪いイメージを持ってしまうことがあります。

ネガティブ発言をしないように注意し、歯医者に行くときは「歯医者で歯をピカピカにしてもらおうね」など、ポジティブな言葉をかけてあげてください。

小児歯科選びも大切

お子さんが歯医者嫌いになってしまう理由に、「歯医者で怖い思いした」経験が挙げられます。
受診する歯科を選ぶときは、なによりもお子さんに対する配慮をしているかどうかが大切です。お子さんの気持ちを汲み取りながら治療を進め、接してくれる小児歯科を選ぶようにしましょう。

小児歯科選びは、将来の歯の健康に大きく影響するほど大切なことです。当院では不安や恐怖心を与えない治療を心がけ、お子さんの歯を守るために予防治療にも力を入れています。

秦野市にある当院はお子さんの虫歯治療、予防治療、矯正治療を行っている小児歯科です。ご希望があれば親御さんの同席も可能ですので、安心してご来院ください。