「歯ぎしり」の原因と対策

「歯ぎしり」の原因と対策

歯のトラブルには虫歯や歯並びの悪さなどがありますが、ご本人が自覚しにくいトラブルに「歯ぎしり」が挙げられます。歯を強く噛みしめる歯ぎしりは、歯に様々な悪影響を与えるため注意が必要です。

歯ぎしりの原因

歯ぎしりの原因

歯ぎしりの原因は過剰な喫煙、飲酒、普段のクセなど多岐にわたります。そのなかでも、とくに多いとされる原因がストレスです。

ストレス社会といわれる今の時代、誰もが大なり小なりストレスを抱えていることでしょう。上手に発散できればよいのですが、なかには溜め込んでしまう人もいます。発散できなかったストレスは、就寝中に歯ぎしりという形であらわれてしまうのです。

もう1つの代表的な原因は、歯の咬み合わせの悪さです。歯の詰め物の高さが違う、片側だけで噛むクセがある、歯を抜いたあと放置しているなどは、歯の咬み合わせを悪くする原因ですので注意しなければなりません。

歯ぎしりによる悪影響

歯ぎしりによる悪影響

歯ぎしりは歯や体にも様々な悪影響を及ぼします。

歯をギシギシと擦り合わせるため、歯のエナメル質が削れ、知覚過敏症のキッカケとなります。歯だけではなく顎にも必要以上に強い負荷が掛かることで、顎関節症になりやすくなるのです。

また、近くにある僧帽筋が張って固くなることもあり、その結果、肩こりや腰痛など身体的なトラブルの引き金となるのです。

歯ぎしり対策を始めよう

上記でご説明したように、歯ぎしりは歯と体に悪影響を及ぼします。

ご本人ではなかなか自覚しにくい症状ですが、朝起きたら顎が疲れている、歯が痛むといった症状があるときは歯ぎしりをしている可能性があります。様々なトラブルが引き起こされる前に、常日頃から歯ぎしり対策を講じることが大切です。

主な原因の対策として、ストレスのケアや歯科での予防が欠かせません。
歯の治療が途中なら治療を終わらせ、咬み合わせが悪いなら治療して改善しましょう。
また、人によってはマウスピースを用いた治療法をとることもあります。効率よく歯ぎしりを改善・予防するのであれば、歯のプロである歯科に頼るのがおすすめです。

秦野市で歯のお悩みをお持ちでしたら、ぜひ秦野市にある当院にお任せください。
当院は一般歯科、顎関節症治療、矯正治療、歯周病治療など様々な歯の悩みに対応しています。